-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-04-24 19:48 | カテゴリ:院内生活
(※断酒40日目/退院まであと3日)
 今朝は早朝4時前に目が覚めた。水回りの排水ができない件は連休明けまでと聞いていたが、トイレも洗面所も既に使用可能になっていた。
 石橋看護師に訊くと、
「あー、もう大丈夫みたいだね」
 とのことだった。

 昼近くになって、病院裏手から柏山を登り、展望広場へ行ってみた。入院して間もない頃、草刈さんに教えてもらい町を一望した、あの場所だ。
 連休最後の祝日は、すっかり夏の陽気になっていた。家族連れの姿が多く、広場の噴水で子供たちが水遊びをする光景が目についた。
 叢に寝転がって空を眺めた。照りつける太陽が眩しい。前にここからこの町の景色を一望したときはどんよりとした曇り空で、何だかいたたまれない、やりきれない気持ちになったことを思い出した。




 僕はこれから、この晴れ渡る空を仰いで生きていけるだろうか。


 午後。明日退院する米窪さんから直筆の絵を何枚かいただいた。スケッチブックに描かれた車の絵のうち、シボレー・カマロやキャデラックなど、4枚をいただいた。
「せっかくだから、サインを入れて下さいよ」
 僕が頼むと、米窪さんは「そんなの書いたことないからなあ…」と戸惑い、照れながらも、左下隅にそれぞれアルファベットでサインを入れてくれた。



 早出しの夕食後は、西町教会のAA「カッコー」に出かけた。テーマは『最初の1杯を遠ざける』。6月に入って「アカゲラ」で、進行役の男性が話したことを思い出した。
「私は酒のことで兄との喧嘩が絶えません。兄は1杯でちゃんとやめられます。ところが私は、その1杯から始まるんです」
 その1杯から始まる。それは僕も同じだ。最初の1杯が始まると止まらなくなる。いや、酔い潰れて意識がなくなるまで止めることができなくなるのだ。
 最初の1杯をどう遠ざけたらよいのか。しっかり食事をして満腹のときは飲食欲求が沸かないのは分かっているのに、飲食欲求が沸くから食事をせずお酒に手を出すのだからタチが悪い。厄介な問題にして切実なテーマだ。
 ただ、もうひとつ分かっていることがある。それは、僕がお酒に走るのは現実逃避だということだ。日常生活で起こる不安や自己嫌悪が、僕を「酔っ払った自分」という安全地帯へ逃げ込ませる。実際には安全でも何でもないのだが、お酒の力がそう錯覚させてしまうのだ。
 だとすれば、すべては僕のココロの弱さに起因するのだ。

 僕は強くなりたい。変わらなければいけない。そして、それをするのは他ならない僕なのだ。


※文中における、病院および病院関係者氏名・団体名、地名等については、すべて仮名とさせていただいています。
関連記事
スポンサーサイト
【ジャンル】:心と身体 【テーマ】:禁酒
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://nyuin3months.blog.fc2.com/tb.php/98-6f70d32d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。