-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-03-19 00:03 | カテゴリ:院内生活
(※断酒28日目/退院まであと15日)
 退院まで残り約2週間。こうなると、一日一日が惜しい。寝ている時間ももったいなく、今朝は午前5時前に目が覚めた。
 ARPはサードミーティングをあと2回残してすべてやった。AAはまだ行っていない会場やグループがあるけれど、退院までできる限り足を運ぶつもりだ。
 あとは、自分を奮い立たせるもうひとつと、感謝をかたちにすること。

 10時前、勝瀬さんがデイケアにやって来た。昨日高津さんが言っていた通りで、元気そうだった。米窪さんも安心していた。
 その米窪さんは明後日、以前一時転院していた病院で再度内科の診察を受けるそうだ。午後になって奥さんが来て、デイルームでいろいろ話し込んでいた。ずいぶん長い話になっていたようで、僕がサードミーティングを終えたあたりでようやく見送りに出て行った。
 病室に戻った米窪さんは、口では努めて陽気に、
「あんまり人を不愉快にさせること言うもんだから、甘いものが欲しくなっちゃったよ」
 などと言いながらコンビニで買って来た菓子パンを見せびらかしていたが、夫婦間でぎくしゃくした様子は隠せない。他人が口を挟む問題ではないし詳しいことはよく分からないので、僕らはただふざけてバカな話をするだけだ。
 多くの患者が明るく振る舞うその裏には、先行く不安と申し訳なさと苛立ちが複雑に絡み合う。それは僕も同じだ。でも僕には2度目の入院はない。これまでやったことを信じて前へ進むしかない。
 これは、僕の病気だ。

 3時からのサードミーティング。すべてのARPの中で僕がいちばん気の進まないプログラムだが、それも今日を終えてあと1回。とりあえず、やらなければならないことは全部やるだけだ。


 台風の影響なのか雨と風の中、地下鉄を乗り継いで南東町の町民会館で行われるAA「アウル」へ足を運んだ。
 普段は参加者が少ないと聞いていたグループだが、今日は中間施設からも来ており10人以上集まっていた。また、AAのセントラルオフィスに問い合わせて聞いたという60代前半くらいの男性が、奥さんと息子さんを伴って会場にやって来た。この方はCT検査で脳の萎縮が見られ、このまま飲み続ければあと2年しか生きられない、と医師に宣告されてAAを勧められたのだという。
 通常、AAのミーティングは当事者間で行われる『クローズド・ミーティング』と、家族や友人、医療関係者など当事者以外の参加も可能な『オープン・ミーティング』に分けられる。今日はクローズド・ミーティングの日だったが、この男性はAA初参加ということで参加者了承のもとご家族も同席してのミーティングとなった。

 自称「晴れ男」という優二さんのおかげか。帰りは風こそ強かったものの、雨はすっかり止んでいた。


※文中における、病院および病院関係者氏名・団体名、地名等については、すべて仮名とさせていただいています。


関連記事
スポンサーサイト
【ジャンル】:心と身体 【テーマ】:禁酒
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://nyuin3months.blog.fc2.com/tb.php/86-38103f6a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。