-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-06-19 01:01 | カテゴリ:外出・散歩

 今朝もまた、起きると午前7時を回っていた。今日はARPの予定のない一日。外泊に出ている人も多く、静かな週末だ。
 昼過ぎに、職場のマネージャーから携帯に連絡があった。入院費の限度額適用認定証の交付申請書を郵送してもらえるという。
 午後4時を過ぎ、2時間散歩で外出して実家へ顔を出す。認定証の件を父に伝え、何をするともなく実家をあとにし、父に車で送ってもらう。スーパー柏ノ丘店近くの食料品店で車を降り、夜食用のパンを買い、徒歩で病院へ戻った。

 夜食についてだが、夕食が午後6時のため、夜になると小腹をすかせてデイルームでカップ麺をすする人も多い。消灯前はそれでもいいのだが、深夜、明かりの消えたデイルームで鰹だしの匂いをそこはかとなく漂わせ、ズルズルと『どん兵衛』などを食らう人影は、なかなかにしてホラーな姿だ。糖尿や肝疾患などで塩分摂取を命じられている患者が、その後ろめたさから背中を丸めてこっそり食べているケースもあり、これはこれで哀愁を誘う。
 僕も夜中になると小腹がすくが、カップ麺を食べるほどではない。実家でろくに食事もせず飲んだくれていたときならいざ知らず、今は少なくとも栄養士の献立のもと3食を摂っている。小腹はすいても養分は充たされているはずだ。眠れないほどでもない。朝食の牛乳を冷蔵庫に取り置きして、その日の夜食代わりに飲む癖はついたが、パンは買い物先でたまたま特売だったり、たまたま旨そげだったものを購入した程度だ。そんな時だけ僕は、牛乳のお供にパンをかじる。

 何もない一日。このところ、入院患者らしからぬ忙しい日を過ごしているような気がしていたので、たまにはこんな日があってもいいんじゃないだろうか。


※文中における、病院および病院関係者氏名・団体名、地名等については、すべて仮名とさせていただいています。


関連記事
スポンサーサイト
【ジャンル】:心と身体 【テーマ】:禁酒
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://nyuin3months.blog.fc2.com/tb.php/24-6f135705
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。