-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-06-15 19:29 | カテゴリ:AA
(※断酒37日目/退院まであと6日)
 退院まであと何日だろうが、そんなことにはお構いなしに歯茎の腫れは容赦なく僕を攻めたてる。それでも負けじと、入院最後の料理に参加する。今日は『炒飯祭り』だ。

 スタンダード、シーフード、カレーの3種類の炒飯を作るのだが、僕はシーフード炒飯と、デザートのミルクプリンを担当した。
 中華鍋の火力を最大にして炒飯の煽りに入るが、何せ量が多く、重い。米がベトつく。焦げそうになる。なかなか手際よくはいかないものだ。

 結果、出来上がった炒飯はどれもパラパラとはいかないものだった。そりゃそうだ、一気に何人前作ってるんだ。
 それでも、いつもいつもフォローとして挙がる感想だが、味は良かった。





 最後の創作は、例の木工クラフトのイルカに塗装を施した。組み立てじたいは既にベッドで済ませておいたので楽勝と思っていたのだが、革用の青い染料が予想だにせず木材に馴染まない。ムラなく塗るのも相当に難しい。というより、僕が不器用でもたもたしてるからなのだが。
 結局このイルカは、左右と脚のヒレのところまで塗り終わることなく時間切れとなってしまった。なるほど、未完成なことろがまた今の僕らしい。何だか分からないけどそんなふうにカッコつけて、これはこれでそのまま出来上がりとした。



 午後3時からの柏ノ丘例会も、入院中の参加はこれが最後だ。僕はその旨を述べて、これまでお世話になったことへ感謝の挨拶をした。
 今日の例会にはあるご夫婦が参加していた。旦那さんが依存症で、かつてはDVで奥さんを苦しめていたそうだ。現在はお酒を断ちながら、これまでとは違う『飲まない人生』を実践しており、旦那さんにしてみれば『2度生きる』ことの意義を痛感しているのだという。
 亭主の暴力を受けながら、それでも再び共に歩むことを選んだ奥さんには頭が下がる。そういう意味では、勝瀬さんや米窪さんの奥さんも同じことがいえると思う。もちろんそれがかつて院長が学習会で示した『共依存』の関係でなければいいのだが、今の僕は純粋にそうでないことを信じている。


 早出しの夕食後、北町の町民センターでのAA「ホオジロ」のミーティングへ出かけた。初めての参加となるグループで、外泊していた優二さんと途中で待ち合わせて向かった。北町の町民センターも初めて足を運ぶ会場だ。中央町で電車を乗り換えて数駅、病院からはなかなかに遠い。
 会議室には10数名が集まっていた。初めてのグループとはいえ、知った顔もある。54号室の竹内さんも来ていた。ミーティングが始まってからは「オオタカ」のナホさんも姿を見せていた。
 僕は今日のミーティングで、以前の職場をクビになった理由を話した。あまりにみっともなくて、これまで口にしなかったことだ。それでもこの機会にと、何となく話す気になったのだ。

 今の仕事の前にも、僕はコールセンターで契約社員として働いていた。インターネットプロバイダのカスタマーサポートで、コールセンターといってもごくマイナーなプロバイダのため入電も少なく、同僚数人で回しているアットホームな職場だった。
 毎日の深酒が絶えない僕は翌日になってもアルコールが抜けず、午前中などはまだ酔いが残ったまま顧客対応をするという有りさまで、上司からお酒の臭いを指摘されることも少なくなかった。
 そんな状態でも一応は仕事を続けていたのだが、たちの悪い飲酒は収まるところを知らない。しばしば休みの日に、とてもバカげた行動をとるようになった。
 休日、昼間からお酒を煽りいい気持ちになった僕は、今まさに同僚が働いているセンターのフリーコールへ、お客のフリをして電話をかけるようになったのだ。要するに「イタ電」ということになる。なぜそんなことをしたのかといえば、お酒に飲まれて「人恋しくなったから」としか答えられないのだが、もちろんそんな理由は通用しない。
 この、迷惑極まりない行為がいったい何度続いただろうか。やがて僕の知らないところで密かに「サトウに似た声の人物から、ときどき入電がある」という噂が立ち、看過できなくなった上司が通話録音や着番を調べた結果、あっさり僕の犯行がバレてクビになったというわけだ。
 僕は何をしているのだろう。
 実のところ、直接、間接を問わず、お酒に絡んだ失敗で仕事を辞めざるを得なくなったことは、これまで何度もあった。僕はそのたびに後悔し、つくづく自分を情けなく思った。それなのに性懲りもなくこの体たらく、それも周囲にさんざん迷惑をかけての失態だ。もっともこの件については悪質な業務妨害であって、釈明のしようがない。会社やクライアントから訴えられずにクビで済んだだけマシなのだ。
 お酒の問題と一口にいっても、それは健康上の問題や経済的な問題だけではない。モラルが崩れ、人としての行動規範を大きく逸脱させてしまう危険がある。人間関係を破壊するのはもちろんだが、このままだと取り返しのつかない犯罪行為を引き起こすかもしれない。
 ひとりでヘコめる失敗のうちに、早くそれに気づけ。


 ミーティングが終わり、再び外泊する優二さんや竹内さんと別れて、ひとりで帰路につく。病院へ戻ったときには午後9時半を回っていた。


※文中における、病院および病院関係者氏名・団体名、地名等については、すべて仮名とさせていただいています。

スポンサーサイト
【ジャンル】:心と身体 【テーマ】:禁酒
コメント(0) | トラックバック(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。