-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-03-18 13:22 | カテゴリ:学習会
(※断酒26日目/退院まであと17日)
 スマートホンのマイクロSDカードを壊してしまったので、保存してある写真データをすべて失ってしまった。新たに保存することもできないので、午前中に実家へ一時帰宅して部屋を探してみた。まさかとは思ったが、やっぱり予備のものなんてなかった。仕方がないのでそのまま徒歩でスーパー柏ノ丘店まで行き、いちばん現行のものに近い2GBのカードを買って病院に戻った。


 2時からの学習会はいよいよ今日が11回目となる。僕の退院までにはまだ1回あるが、入院して最初の学習会からこれで一周、1クールの最後ということになる。
 日程表のタイトルは『⑤ アルコールがつくる心の病気 ~その1~』。先月9日の学習会に続いて病院長が担当する。プリントとスライドでのレクチャーだが、冒頭、院長が「私の好きな文言」として以下の言葉を示した。

 初め人 酒を飲み やがて酒 酒を飲み ついには酒 人を呑む

 飲酒のコントロールを失い、お酒を飲むことで更なる飲酒を招いて、やがてお酒に呑まれてしまう。アルコールの危険を言い得た文言で、まさしく僕らのことだ。
 次に院長はスライドを使い、お酒の問題を抱えていたとされる著名人を挙げた。


○美空ひばり
 言わずと知れた国民的歌手の人。1989年に52歳で死去。死因については憶測が飛び交うが、重度の慢性肝炎と『大腿骨頭壊死症』という病気にかかっていたとう。これはアルコールが要因のひとつと考えられ、大腿骨への血流が妨げられて股関節の機能が失われる病気なのだそうだ。院長の意見では、美空ひばりはアルコール依存症が疑われる、との話だ。

○藤沢秀行
 棋聖戦6連覇を成し遂げた囲碁棋士の人。本人曰く「大一番の前には酒を断ち、そのときに現れた化け物に打ち勝つことで、七番勝負に勝つ」。言ってることは完全にアル中の離脱症状だが、結果を出しただけに名言扱いされる。2009年、83歳没。

○寛仁親王
「ヒゲの殿下」で有名。メディアでは三笠宮とも報道される。皇族でありながらアルコール依存症の診断を受けたことを自ら発表、なんとAAにも通ったという。2012年、多臓器不全のため66歳で薨去。院長の話では、ご本人もさることながら「主治医が凄い」。

○エリザベス・テイラー
 英国生まれ、紫色の瞳を持つ美人女優としてハリウッドで活躍した人。8回の結婚と7回の離婚を経験したことでも知られる。2011年に79歳没。アルコール依存症と処方薬乱用のほか、様々な健康問題を抱えていたというけれど、その割に長生きしているなあ、とは思う。

○林葉直子
 元女流棋士。90年代に不倫やら失踪やらヘアヌードやらで世間を騒がせた人。その後自己破産。今年になって、8年前から重度の肝硬変であることをテレビ番組で公表した。46歳とは思えない現在の変貌ぶりには確かに驚く。

○中川昭一
 元自民党衆議院議員。父は元閣僚の政治家・中川一郎。自身も閣僚を歴任したほか、党政調会長を務めた。2009年2月にローマで行われたG7財務相・中央銀行総裁会議の記者会見に酩酊状態で出席、バッシングを浴びて財務大臣を辞任した人。同年10月、自宅寝室で倒れているところを発見されたが死去、56歳。遺族によって発表された死因は急性心筋梗塞。院長曰く、この中川昭一こそが「ACの典型なのでは」とのことだ。


 ACとは『アダルトチルドレン』の略で、AAのミーティングでもこの話題は何度か登ったことがある。両親のうちのどちらか、あるいは両方を依存症者に持ち、自身も同様の依存症者になってしまった患者のことだ。中には幼少期に虐待を受けたりするケースなど、程度の差はあるが、アルコール依存症患者は圧倒的にこのACであることが多い。僕は虐待など受けていないしあまり認めたくはないが、少なからずそのうちのひとりといえる。

 院長によると、ACのケースでは、酒飲みの親に怯えて育った子供が「極端ないい子」になろうとするか、「極端な悪い子」になろうとする傾向があるという。
 中川昭一の場合、大物政治家の2世として生まれた「宿命」に加えて、酒豪でも知られたという父親の影響は何かしらあったのではないだろうか。東大を出て父の地盤を継ぎ、大臣にまで登りつめたが、本当のところは父親のような酒飲みにはなりたくなかったのかもしれない。
 …というはあくまで院長の推測だが、中川昭一という人の辿った人生が、ACの問題と結びついていることは、僕にも疑いのないような気がする。

 僕は今日の学習会を、前から2列目の端の席で聴いていた。最前列中央には和代さんが陣取り、冒頭いきなり院長に「待ってました!」と芝居見物のようなエールを送って熱心に聴いていたようだが、僕はこのあと最後まですっかり熟睡してしまった。
 こうして僕のARP学習会、全11回は終了した。


 夕方の自助グループは、西町教会のAA「カッコー」に参加した。利根川さん、山形さんもミーティングに向かったが、僕は優二さんと一緒に会場へ足を運んでいた。
「まだ時間があるから、ショッピングモールで人間観察していこう」
 らしくないことを提案されたが、言われる通り1階売り場のベンチにふたり並んで腰かけた。優二さんは明日、主治医である院長の回診だ。仕事が決まらない以上、9日に退院するのは不安なのだろう。「退院が延びるかも」と言っていたが、それを望んでいるように僕には思えた。
 沈黙が続いたので、何の気なしに言った。
「…酒飲んでた頃、こうやって人を見ていると、自分以外のすべての人が自分より幸せそうに見えてました」
「そういうことをミーティングで話せばいいんだよ。笑いとろうなんていらないから」
 意外な答えが返ってきた。ミーティングの席で話す際、笑いに執着しているつもりはないのだが、ノープランでだらだら喋ることには抵抗がある。というか、それができない。退屈しているんじゃないか。シラけた雰囲気になったんじゃないか。周囲の反応を気にしてしまうのだ。嘘をついているわけでも、気取っているわけでも、隠したい何かがあるわけでもない。これが今現在の僕なのだ。
 でも、ここで優二さんに反駁しても仕方がない。僕は僕で、今できることをするだけだ。

 AAの場では、少しずつ人の輪に入っていけるようになっているかもしれない。「オオタカ」のナホさんは、ほかのグループのミーティングにも足繁く通っているので顔を合わすことが多い。今日も参加していた彼女に、みんなで帰る道すがら少し話をすることができた。
「ナホさんは今、外来でカウンセリングを受けてるんですよね。僕も院内で受けてるんだけど、なんだか感じがつかめなくて。患者が一方的に喋るカウンセリングでもいいんでしょうか?」
 我ながら、変てこな質問だとは思う。
「私も、自分のことをたくさん喋ってますよ」
 ―― これでいいのか。そりゃそうか、患者は俺なんだ。
 少し安心した。何よりも、こうしてAAで知り合った方と話せることに嬉しさを感じていた。


※文中における、病院および病院関係者氏名・団体名、地名等については、すべて仮名とさせていただいています。


スポンサーサイト
【ジャンル】:心と身体 【テーマ】:禁酒
コメント(0) | トラックバック(0)
2014-08-03 17:19 | カテゴリ:学習会
(※3度目のスリップから2日目)
 朝のラジオ体操は福井さんと洋子さん、少し遅れた僕の3人だけだった。
 初めて参加した頃に比べると、常連だった峰口さんも丸谷さんも清水さんも退院してしまい、ラジオ体操は淋しくなった。福井さんは体調が良くないうえ、同部屋の話し相手がいなくなってしまったためか、最近は元気がなく、体操後の「よいしょー!」もやらなくなってしまった。僕も寝過ごして休みがちだったので、なんだか盛り下げてしまった罪悪感がある。

 今日は午前11時のバスでスーパー柏ノ丘店前まで行き、そこから徒歩で実家へ顔を出した。実家に届いているはずの携帯料金の払込みハガキを取りに行っただけで、取り立てて両親に報告することもなかったが、久しぶりに仏壇に線香をあげ、久しぶりに実家のコーヒーを飲んだ。
 週末、外泊で戻る予定だと伝えると、日曜に兄が来るかもしれないと言われた。金曜の外泊を考えていたが、土曜日に外泊するほうがよさそうだ。
 父に車で送ってもらい、12時半頃には病院へ戻った。


 午後2時からの学習会は、ついに第1回に戻って院長の担当回になった。『① 慢性アルコール中毒(アル中)とアルコール依存症』というテーマだ。
 院長を知る患者の中には「今日は時間いっぱいまできっちりやるな」「早く終わることはないね」などと開始前から面倒臭そうに言う人もいたが、実際院長のレクチャーは1時間きっかり、しかも話の途中で終わった。院長のレクチャーはあと1回予定されているので、そのときに続きをやるという。ちなみにその回は4週先で、それが僕の最後の学習会になる。
 肝腎の、今日の学習会の内容だが、配られた資料には『アルコール依存症 何を病み、何を治すのか?』という別のタイトルがつけられていた。依存症にはアルコールや薬物、摂食障害などの「物質への依存」、ギャンブルや買い物、インターネットなど「行為への依存」があるが、もうひとつ「関係への依存」というのが挙げられ、恋愛依存やいわゆる共依存がこれに当たるという。なかでも共依存は、例えばギャンブル依存症者の家族が経済的な援助を行うことで、かえって本人の治療を遅らせてしまうような場合も指すことがあるというのだ。
 共依存とは単に、お互いに依存し合うことでしか生きられなくなるケースを指すものだと思っていた僕は、「共依存」のこうした捉えかたを聞いてにわかに怖くなった。今回、僕は父に相当な経済的負担を強いている。このことが、僕や父に新たな依存の種を蒔いていくことにはならないだろうか。
 少なくとも、僕はこの病気をなんとしても回復へ持っていくしかない。僕にできることは、それしかないのだ。

 院長によれば、依存症とは簡単にいうと「必要だけどちょうどよく使えなくて困っている状態」なのだそうだ。依存症者はたいてい「ちょうどよく使えない」ものを「ちょうどよく使える」ようにしようとして、それを治療と考える。アルコール依存症でいえば、飲む時間や量を決めたり、お酒の種類を変えたりすることで対応が可能と思ってしまう。けれども実際は、
「昼は飲まないって決めたけど今日は休みだし、まあいいか」
「明日飲まないから今日はその分飲んでもいいだろう」
 と妥協して、結局アルコールの依存からは脱け出せない。また、不安や怒り、悲しみ、孤独といった気分の落ち込みを変えるためにアルコールを利用し続けても、耐性が上昇して飲酒量が増える一方で、アルコール以外に気分を変える手段を見失ってしまう。その結果、常に飲まずにはいられないココロの状態が形成されるというのだ。
 身体がアルコールを欲する離脱症状は一般的に3~20日ほどで回復するそうだが、ココロがアルコールを欲する問題は、時間では解決できないという。つまり、依存症者が「必要だけどちょうどよく使えない」ものを「ちょうどよく使える」ようにすることは不可能なのだ。そのため、そもそも依存対象を「必要としない」生きかたを考えることが、医師の言うところの「治療」なのだという。

 院長のレクチャーはとても丁寧で、今日はそこで時間切れとなった。
 僕は今週も最前列に座って話を聴いていたが、それでも途中何度も睡魔に襲われた。昨日から薬の服用をやめているので、そっちのせいにはできない。すぐ目の前で話しているのが院長であれ総理大臣であれ、眠いものは眠いのだ。

 僕がアルコールを必要としない生活。それを考えなければならない。
 田村心理士にお願いしていたカウンセリングの1回目は、今週木曜の午後4時から50分間と決まった。1クール終了まであとひと月半。退院までに僕が具体的に目指すことは、今日の学習会で院長が言った命題と密接に関わっている。


 早出しの夕食を摂り、今日も昨日に続いて西町教会のAA「カッコー」へ足を運んだ。今日は利根川さんのほか、勝瀬さんと米窪さんも一緒だ。米窪さんは院外自助グループの参加は初めてで、体調が心配だったが点滴をやめたこともあり、最終的には本人の意思で決めたようだ。
 教会へ向かう途中、デイケアの帰りに駅前のショッピングモールへ買い物へ寄った峰口さんとばったり遭遇した。峰口さんはこの近辺にアパートを借りたそうだ。峰口さんにもAA参加を誘ってみた。ミーティング開始までまだ1時間近くあったので、「いったん帰って、あとで行くかも」ということでその場は別れた。
 今日は昨日より少し多い、10数名でのミーティングとなった。開始までの間は、お酒を断って26年、16年という方へ贈られる寄せ書きに、僕もそれぞれ一筆書かせていただいた。既に3度のスリップをしている僕には、16年だの26年だの、そんな年数におよぶ断酒など到底未知の世界だ。そこまで至っても「アルコール依存症」「アル中」のレッテルが消えないというのは、なんだか不思議な気もする。
 午後7時のミーティング開始から、やや遅れて峰口さんも姿を見せた。峰口さんは退院後のAA参加は2度目だという。保証人である別れた奥さんに迷惑がかからないよう、弁護士に頼んだ債務整理が片付きつつあることを語り、病院内外の人たちへの感謝を口にするとともに「今は幸せです」と短く話した。
 僕も以前一宮OTにアドバイスされたように父と母のことを話し、この週末に初めてとなる実家への外泊をすることを伝えた。

 これから少し、忙しくなりそうだ。


※文中における、病院および病院関係者氏名・団体名、地名等については、すべて仮名とさせていただいています。


【ジャンル】:心と身体 【テーマ】:禁酒
コメント(0) | トラックバック(0)
2014-05-23 00:10 | カテゴリ:学習会

 柏ノ丘病院は、街の郊外に位置する柏山の中腹に沿って建てられ、周囲を丘陵に囲まれている。
 だから『5ーB病棟』が5階にあるといっても、デイルームの窓からは緩やかな坂道を徐行する病院関係者の車が同じ目線で伺える。シャワー室やトイレの窓から見える景色もそうだ。
 1階正面入口からロビーを抜け、奥のエレベーターでいったん3階まで上がり、そこからさらに奥へ進む。別のエレベーターで5階へ上がり、降りたところを左へ行くと5ーB病棟に辿り着く。
 エレベーターを降りて右を行くと5ーAなのかCなのか、それともまったく違う何かなのか、それは知らない。とにかく、僕の入った病棟はそんなところにある。

 3階から5階へ行くエレベーター前には小さな売店があり、日用品やタバコ、カップ麺やお菓子などが売られている。売店の横には自動扉の玄関があり、ここは病院裏手にあたる。
 売店はちょくちょく利用するため足を運ぶことも多いが、わざわざエレベーターを待つのは面倒なので、移動はおもにすぐ横の階段を使う。途中、4階にもまた謎の入口がある。外から見ると、3階裏玄関から少し傾斜を上ってすぐに4階玄関が並んでいるような具合だ。
 建物外観から間取りの想像はまったくつかないが、もっとも、中にいたところで外観の想像がつくわけでもない。

 僕は今日の時点で、自分のいる病棟から3階の売店と、その脇の通路横にある大浴場までを僕の行動範囲としている。
 1日目にびくびくしながら入って来たあの正面玄関ロビーへ、迷子にならずに自力で行って戻って来られる自信はまだない。


 今日、平嶋さんという中年男性が入り、53号室の患者は再び8名となった。再入院らしく、顔見知りの患者さんも多いようで、すぐに病棟に馴染んでいる。その姿を見て僕はというと、ますます周囲を避けて溶け込めなくなってしまう。
 詳しくはまだよく分からないが、ここにいる患者さんたちは、お酒の飲み過ぎで深刻な疾病・疾患を抱えている人が多いようだ。病院なのだから当然といえば当然なのだが、点滴スタンドを片手にガラガラやりながら歩く人もいる。
 年齢も見たところ30~60代と幅が広いが、僕のようにココロが病んでいる人もいるのだろうか。


 午前中、僕の担当となった下地さんというソーシャルワーカーがベッドに訪ねてきた。40代半ばくらいだろうか、穏やかな感じでやたらに背が高い男性だ。
 これで主治医、担当看護師、担当ワーカーとそれぞれ顔を合わせて挨拶したものの、正直僕はこの方たちともどう接すればいいのか、何をどう相談していけばいいのかも分からないのだ。
 気分の落ち込みがひどいことを打ち明けると、下地さんはジアゼパムという薬を1錠飲ませてくれた。不安な気持ちを軽減させる安定剤だという。
 いつも食後に飲んでいる薬も「不安を抑える薬」と看護師さんが言っていたけれど、何がどう違うのだろう。それも分からない。


 午後2時から、学習会に出席した。入院後、初めてのARP参加だ。
 学習会は、アルコール依存症の実害やリハビリなどについて学ぶ全11回のプログラムで、毎週月曜日に行われる。その回のテーマに応じて、医師や看護師、心理士などがレクチャーを行うという形式だ。
 今日の内容は心理士による『⑥ アルコールがつくる心の病気 ~その2~』。

 いきなり『その2』って言われても、と一瞬思うが、どの回が初回になるかは患者の入院するタイミングによって違うのだから、各回に連続性はないらしく、『その2』のあとに『その1』が来ても問題はないようだ。
 今回は全11回の6回目だが、11回目終了の翌週はまた1回目に戻るから、僕の場合は3ヶ月後に予定の『⑤ アルコールがつくる心の病気 ~その1~』で学習会を終えることになるわけだ。
 まあ連続性がないとはいえ、タイトル的に何かすっきりしないローテーション、ではある。

 気になる学習会の内容については、適度な量の飲酒時から泥酔、ブラックアウト(記憶が飛ぶ)に至るまでの脳への影響をイラストで示した資料で説明したり、アルコール依存による脳萎縮で様々な能力が低下し、社会生活や対人関係に深刻な影響を与えますよー、という一般的な解説で、タイトルの『心の病気』にはあまり言及していなかった。
 別の病棟の患者も合わせ、40~50人くらいが参加していたが、50代以上の年齢層がほとんどだと思う。僕と同世代くらいの女性心理士が担当していたが、必要以上に難しい解説はかえって意味がないのかもしれない。

 最後は、脳の機能低下を予防・改善するトレーニングとして、不規則に並ぶひらがなの文字列の中から、あ・い・う・え・お、など特定のひらがなだけを拾い上げて○印をつける『かな拾い』や、朝日新聞なんかの日曜版でも見かけるお馴染みの『間違い探し』などをみんなで行い、1時間の学習会は和気あいあいと終了した。


※文中における、病院および病院関係者氏名・団体名、地名等については、すべて仮名とさせていただいています。


【ジャンル】:心と身体 【テーマ】:禁酒
コメント(0) | トラックバック(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。